新築マンション・一戸建て購入に必要なお金│支払いスケジュール|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

新築マンション・一戸建て購入に必要なお金│支払いスケジュール

gasou

新築マンション・一戸建て購入に必要なお金│支払いスケジュール

結婚や家族が増えたなどがきっかけで新居の購入を考えることがありますよね。
そのときに気になるのが、マンションや一戸建ての購入時には、どのような費用が必要なのかというお金の問題。
この記事では、新築マンション・一戸建て購入に必要なお金とその支払いスケジュールについてご紹介します。
家は高い買い物であるからこそ、計画的に準備を進めましょう。

新築住宅を買うときの支払いスケジュール

住宅を購入するときには、建物費以外にも様々な費用が発生します。
しかし、初めて購入する方にとっては、なかなかイメージしにくいですよね。
ここでは、費用の支払いスケジュールやかかる費用の目安について解説します。

支払いのタイミングは3回

住宅購入の契約してからのお金を支払うタイミングを知っておくのはとても大切です。
事前に知っていると必要な時期までに、貯金をしたり保険を解約して解約返戻金を受け取ったりと計画的に準備ができますね。
支払のタイミングについて、以下の表にまとめました。
支払いのタイミング 主な諸費用の例
契約後すぐ  申込証拠金
 手付金
 印紙税
引き渡しまでの間  印紙税
 購入物件費から手付金を引いた残額
 登記費用などの購入諸費用
引き渡し後  不動産取得税
申込証拠金は物件の売主に購入意思を示すための費用ですが、不要の場合もあります。
印紙税とは、売買契約書や住宅ローン契約書に貼る印紙代のことです。
不動産取得税は所定の要件を満たした場合、大幅に減額になることも。
税額控除の対象の物件なのかについては、不動産業者の担当者もしくは都道府県の税務課などの担当課に確認してみましょう。

建物以外にかかる諸費用の目安

費用の支払いのタイミングの他に、その具体的な金額も知りたいですよね。
3000万円で売り出されている新築戸建て住宅を30年ローンで購入する場合でシュミレーションしてみました。
購入に関する諸費用 目安
申込証拠金 数万円〜10万円
手付金 150〜300万円
(購入金額の5〜10%)
印紙税(売買契約書) 1万円
印紙税(ローン契約書) 2万円
固定資産税などの税金 日割り計算
表示登記 9万円〜10万円
(売主建築会社によって異なります)
登記費用 登録免許税+司法書士への報酬代
(土地、建物それぞれ所定の税率から算定)
火災保険料(10年) 7万円〜20万円
(工法や建築素材によって異なります)
銀行保証料 180万円
(借入金額×0.2%×借入期間)
銀行事務手数料 3万3,000円もしくは5万5,000円
仲介手数料 96万6,000円
(売買価格×3%+6万円×消費税)
建物以外に数百万円もの大金を用意しなくてはいけないことがわかりますね。
しかし、この諸費用は印紙税や固定資産税などの削ることができない項目ばかりではありません。
銀行保証料は銀行によっては不要であったり、住宅ローン金利を0.2%アップすることで
支払わなくてすむ場合があります。
仲介手数料は売主と買主の間を取り持ってくれた不動産会社に支払うものですが、全くかからない業者も。
新居を購入する際には、不動産会社選びがとても重要ですね。

新築住宅購入には消費税も必要

2019年10月から一部の商品を除き消費税が10%となりました。
コンビニやスーパーで買い物をすると、商品代に上乗せされて支払っている消費税。
普段の生活で支払っている金額は高額ではないため、それほど気にかけていない方も住宅購入となると、気がかりに思うものです。
新築住宅を購入する場合は、建物代、ローン借入費用、司法書士報酬、銀行事務手数料、不動産仲介手数料に消費税がかかります。
土地は、消費税がかからないため、3000万円で購入する戸建て住宅は消費税が300万円とはなりません。
土地代を除いた建物部分のみが課税対象です。

まとめ

数千万円もする買い物である住宅購入は、費用を必要なタイミングで支払えるよう準備が大切です。
支払いのスケジュールを把握しておくと、慌てずに済みますよね。
 新築住宅を購入時に費用の支払いタイミングは、契約後、引き渡しまでの期間、引き渡し後の3回
 税金は節約は不可だが、不動産業者によっては仲介手数料が不要
 建物代やローン借入費用などには消費税がかかるが、土地は対象外
新築住宅の購入には建物以外に様々な費用がかかります。
諸費用の中でも多くを占める仲介手数料が0円の不動産会社を選んで、お得に購入しましょう。
新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop