不動産会社に査定を依頼|査定方法と査定額の決め方とは?|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

不動産会社に査定を依頼|査定方法と査定額の決め方とは?

gasou

不動産会社に査定を依頼|査定方法と査定額の決め方とは?

不動産会社に売却をしたい不動産の査定をしてもらうことで、価格がはっきりとわかります。
しかし、不動産を扱うプロがどのように査定をしているのかを疑問ですよね。
この記事では、不動産の査定方法ついてご紹介します。

査定額を決める方法

不動産会社が行う査定方法は2つあります。
机上査定と訪問査定の2種類です。
この2つの査定方法について違いを比較してみましょう。
査定方法 机上査定 訪問査定
判断材料 過去の売却データなど 現物の不動産や周辺環境
査定方法 電話やメールも可 訪問のみ
査定額の正確性 やや欠ける 精度が高い
査定額算出までの時間 短時間 時間がかかる
このことから、まだ売るとは決めていない段階で、とりあえず査定額を知りたい場合は机上査定が向いていると言えます。
しかし、売却を本格的に進めるためには、訪問査定がおすすめです。
不動産の状態や周辺環境は、不動産売却時の価格決定に大きな影響を与えます。

査定額を出すための計算方法とは?

不動産の査定では、物件の種類に応じて3種類の方法の中から選択し計算されます。
どのような方法で不動産会社が査定額を決めているのかを知っておきましょう。

取引比較事例法

取引事例法とは、過去に売買があった不動産の情報を基に査定をする方法です。
戸建て住宅だけでなくマンションや土地の売却時にも幅広く使われる方法の一つ。
全く同じ広さや築年数の不動産でも、周辺環境や内装の状態、日当たりなど物件によって違いは出てくるものです。
そのような違いを踏まえて今回査定する不動産と近い事例と比較して、査定額を決めています。

原価法

原価法は、新築物件との差額から算定する方法です。
この時に比較する新築物件の価格は、購入時の金額ではありません。
査定する不動産と全く同じ新築物件を今建てるとして、計算して出された金額です。
新築するのに必要な金額を算出した後、築年数に応じて価値を下げていきます。
築年数が査定額に影響を与えるため、戸建て住宅の査定によく使われる方法です。

収益還元法

収益還元法は、投資用のマンションや賃貸物件などを売却するときに主に使われる方法です。
1年間に得た利益から算出する「直接還元法」と一定期間の利益と物件価格の予想から計算される「DCF法」があります。
個人の不動産売却時の査定では、ほとんど選択されない計算方法です。

まとめ

不動産の価値は、相場を自分で調べただけではとてもあいまいなものです。
しかし、不動産会社の査定を受けると価値がわかり、どれくらいの値段で売れそうなのか目途が立ちます。
 机上査定よりも訪問査定の方が精度が高く査定が可能
 査定額の算定方法は3種類
 よく使われる計算方法は取引比較事例法と原価法
売却を検討されている方は、ぜひ一度訪問査定を受けてみましょう。
新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop