査定額が不動産会社で異なる?|違いが出る理由と注意点|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

査定額が不動産会社で異なる?|違いが出る理由と注意点

gazou

査定額が不動産会社で異なる?|違いが出る理由と注意点

不動産の査定を何社かに依頼をすると、査定額の違いに戸惑っていないでしょうか?
この記事では、同じ不動産でも査定額に差が出る理由について解説します。

査定額が異なる理由

査定額が不動産会社によって異なるのは、何も特別なことではありません。
査定額に差が出てしまう理由を知っておきましょう。

比較する事例の違い

不動産の査定方法の一つである、「取引比較事例法」について考えてみましょう。
査定する不動産の周辺で過去の売買事例をベースに、査定額を決める方法です。
例えば、同じマンション内や隣の住宅で売買があれば、その事例を参考に査定をするので、査定額に差はあまり出ないと考えられます。
しかし、手頃な事例がない場合は、各不動産会社が選んだ物件と比較して査定をするのでばらつきが出るのです。

不動産会社の考えの違い

不動産会社によって、得意とする分野があります。
マンション販売が得意だったり、戸建て住宅の販売が得意だったりと様々です。
大手の不動産会社は取引件数は多い点がメリット。
一方で地域に密着した不動産会社は、地元ならではの強みがあります。
そのため、不動産会社の違いが、査定額の差に繋がるのです。

査定をするときの注意点

不動産会社に査定を依頼するときの注意点をご紹介します。
たくさんのお金が動く契約をするのですから、信頼できる不動産会社に出会えるようしっかり見極めましょう。

相場と大きく離れた価格

自分で調べた相場と査定額は全く同じ金額にならないものです。
物件周辺の環境や内装状態によって差が出ます。
多少の違いは誤差の範囲として気に留めなくても問題ありません。
しかし、相場より大きくかけ離れた金額を提示された場合は、注意してくださいね。
足元を見られてわざと低く査定されてしまっている可能性もあります。
ただ、査定が1社だけでは、妥当な査定額か判断が難しいもの。
見極めるためにも、複数の不動産会社に依頼するのがおすすめです。

査定額=売却価格ではない

不動産会社に提示された査定額で不動産が売れると嬉しいですよね。
しかし、高い金額でなかなか売れないと、買主を見つけるためには設定価格を下げる必要があります。
査定額がそのまま売却価格とはなりません。
必ずその金額で買主が見つかるという保証ではないことを心に留めておいてくださいね。

まとめ

不動産は査定を受けることで、その価値がわかります。
しかし、査定額がバラバラではどれが正しいのか、困りきってしまうものです。
 不動産会社によって査定額に差は出る
 得意分野や比較する物件の違いが査定額の差に繋がる
 査定額のそのままの金額で売れるわけではない
まずは、相場を知って把握しましょう。
不動産の相場がわかれば、査定額が適切なのかが判断できますね。

メールでのお問い合わせはこちら

PageTop