不動産売却で仲介手数料はいつ払う?│支払い時期とローン特約|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

不動産売却で仲介手数料はいつ払う?│支払い時期とローン特約

gasou

不動産売却で仲介手数料はいつ払う?│支払い時期とローン特約

不動産の売買では、不動産会社へ仲介手数料が発生します。
この記事では、仲介手数料を支払う時期や一度払い込んだ仲介手数料が返還される特約についてご紹介します。

仲介手数料とは

仲介手数料とは、不動産売却が決まった後に払う不動産会社への報酬のことです。
まずは、仲介手数料の仕組みを知っておきましょう。

仲介手数料額の目安

仲介手数料は法律で受け取れる上限が決められています。
ただし、下限は決められていないため不動産会社によっては金額を抑えることが可能です。
売却価格 仲介手数料の上限
200万円以下の部分 売却価格×5%+消費税
200万円を超えて400万円以下の部分 売却価格×4%+消費税
400万円を超える部分 売却価格×3%+消費税
400万円以上の物件の売却では仲介手数料の計算がとても複雑になることがわかりますね。
そのため、400万円以上の物件の仲介手数料は、速算式を使用して算出。
 (売却価格×3%+6万円)×消費税
速算式があれば、簡単に計算できますね。

仲介手数料の値引き

仲介手数料は下限が決められていないため、不動産会社によっては安くできます。
「仲介手数料半額」とアピールしているところもあれば、交渉次第で値引きが可能なことも。
不動産売却後に住み替えをする場合、引っ越しや今後の生活にお金が何かと必要です。
手元のお金を少しでも多く残せるよう仲介手数料の金額は重要ですね。

支払いのタイミング

一般的には、仲介手数料は2回に分けて支払います。
<支払いのタイミング>
 仲介手数料×1/2を買主が見つかり売買契約を結んだとき
 仲介手数料の残額を買主に物件を引き渡したとき
あくまでも仲介手数料は不動産会社の成功報酬のため、買主が見つかり契約するまでは支払が発生しません。
また、引き渡しの時に一括で支払うとしている場合があります。
支払の時期がいつなのかは、不動産会社に確認してくださいね。

ローン特約

買主と不動産売却の契約を結んだ後、買主は銀行のローン融資の審査を受けます。
無事、審査が通り売却価格を支払う目途が立てば良いのですが、残念ながら融資ができないと判断されることも。
そのような困った状況を救うため、売買契約を白紙に戻すという特約があります。
「ローン特約」を付けていると、売主がすでに支払った仲介手数料が戻ってくるのです。
ただし、ローン特約が実行された場合は、買主から受け取った手付金の返金が発生するので、メリットとデメリットのどちらも考えましょう。

まとめ

仲介手数料は不動産売却時に必要な費用ですが、しっかりと法律で上限が定められているため、その金額以上を請求されることはないので安心しましょう。
 仲介手数料は「(売却価格×3%+6万円)×消費税」が上限
 仲介手数料は2回に分けて支払うことが多い
 ローン特約とは、買主がローン審査に通らなかった場合を考えた特約
担当者の対応が良く、仲介手数料が安い不動産会社なら満足すること間違いなしですね。


新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop