マンションや一戸建て住宅購入後にかかるお金|今後のために必要な費用|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

マンションや一戸建て住宅購入後にかかるお金|今後のために必要な費用

gasou

マンションや一戸建て住宅購入後にかかるお金|今後のために必要な費用

住宅は購入後年月が経つと、必要になるお金が出てきます。
この記事では、購入後しばらく経ってから必要になる費用をご紹介します。
毎月の住宅ローン返済と合わせて、少しずつ貯金をして準備をしておきましょう。

定期的に必要なお金

住宅購入時に加入した火災保険・地震保険には、保障期間があります。
そのため、定期的な更新が必要になり、保険料が新たに必要です。
2015年10月以前に購入した住宅では、住宅ローン完済までの長期間に渡って、火災保険を契約することができました。
しかし、2015年10月からは長期の契約が不可になり、火災保険は最長で10年の契約しかできません。
また、地震保険は最長で5年の契約です。
契約を更新しなくてはいけないタイミングに合わせて、保険料を準備してくださいね。

将来必要になるお金

今すぐ必要ではなくても今後、何十年とその住宅に住んでいるとかかる費用があります。
将来に支払いが必要な費用を早い段階から用意できると安心です。

メンテナンス費用

住宅を購入後、こまめに手入れをしていても老朽化は避けられません。
10年に一度を目安にして定期的なメンテナンスが必要です。
修繕を行う箇所により、かかる費用は異なりますが、水回りの修理は特に高額。
200万円〜300万円の費用がかかる予定をしておきましょう。
一度の支払うのはかなりたいへんですが、10年間かけて用意すると考えるとそれほど負担にならない金額です。
1年間で30万円ずつ積み立てると、メンテナンスに備えられますね。

リフォーム費用

子供が生まれて家族の増加や子供の成長などで部屋の間取りを見直したいときには、リフォームするのが一つの方法ですね。
リフォームにもたくさんの費用がかかります。
メンテナンス費用と同じぐらいの金額を用意しておくのがおすすめです。
ただし、メンテナンスと違い、リフォームはそれほど頻繁に行いませんよね。
貯金をするペースはメンテナンス費用に比べ、緩やかでも問題ありません。

まとめ

住宅を維持するためには様々なお金が必要です。
 火災保険、地震保険は定期的に更新が必要
 メンテナンスやリフォームに必要な費用も準備しておく
毎月こまめな積立をして、大きな出費に備えましょう。

新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop