一戸建て住宅の種類は建売住宅と注文住宅の他にもある?|建築条件付き土地とは|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

一戸建て住宅の種類は建売住宅と注文住宅の他にもある?|建築条件付き土地とは

gasou


一戸建て住宅の種類は建売住宅と注文住宅の他にもある?|建築条件付き土地とは

一戸建て住宅が欲しいと思ったときに、購入方法は建売住宅か注文住宅の2つしかないと思っていませんか。
実は、建売住宅、注文住宅、建築条件付き土地の購入の3つの方法があるのです。
この記事では、建売住宅と注文住宅、建築条件付き土地の特徴をご紹介します。

建売住宅の特徴

建売住宅は、すでに建物が建築済みもしくは、建築許可を受けて建築予定の状態で販売される住宅です。
建物が完成済みだと、間取りや内装を実際に見て購入するかどうかの判断ができ、「思っていた状態と異なる」といったトラブルを避けられます。
また、建築途中であれば工事現場の様子を見ることができます。
土地と建物がセットで売られるため、購入手続きに必要な期間が短くなり入居までスムーズに。
費用が抑えられていますが、間取りや仕様がすでに決められているので変更ができない点がデメリットです。

注文住宅の特徴

注文住宅は、土地の購入後にハウスメーカーや工務店と契約をし家を建てます。
間取りも仕様も自由に設計ができるため、こだわり入れた満足できる住宅に。
しかし、土地購入の手続きや建築のための綿密な打ち合わせがあるため、入居までに時間がかかってしまう点がデメリットです。
また、細部にまでこだわりすぎてオプションを多く取り入れてしまうと値段も高額になってしまう恐れがあります。

建築条件付き土地の特徴

土地を購入後に家を建てるという点では注文住宅とは同じですが、「売主が指定する建築会社で家を建てる」のが建築条件付き土地です。
売買契約後に所定の期間内に家を建てる契約を結びます。
注文住宅よりは費用が抑えられ、建築までの段取りがわかりやすい点がメリットです。
ただし、建築会社が指定されているため、建築工法や材質は取り扱いに制限があることも。
また、間取りや仕様は、決められた参考プランから大きく変更するのは難しい場合があります。
建築条件付き土地の購入の際には、間取りなどの変更はどの程度まで可能なのか事前に確認しておくと後々のトラブルが避けられますね。

まとめ

どんな家なのか現物が見られる建売住宅や間取りや内装にこだわれる注文住宅など、同じ一戸建て住宅でも購入パターンは1つではありません。
 建売住宅は値段が抑えられているが間取り変更が難しい
 注文住宅は自由な設計ができるが値段が高くなりがち
 建築条件付き土地は建築会社が既に決められている
一戸建て住宅の購入の際には、値段の他に間取りや立地条件など様々な条件を比較して決めましょう。



メールでのお問い合わせはこちら

PageTop