売買契約書で重点的に確認しておきたい内容は?|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

売買契約書で重点的に確認しておきたい内容は?

gasou

売買契約書で重点的に確認しておきたい内容は?

不動産売買では、買主と売主が契約書を交わすことで契約が成立します。
きちんと売買の取引について書面を作成していると、安心できるものです。
この記事では、売買契約書の記載内容と確認しておきたいポイントについてご紹介します。

売買契約書とは

売買契約では、引き渡しまでに済ませる必要のある手続きがたくさんあります。
また、順を追って適切に対応しなくてはいけません。
今回の売買で取引する物件について、条件や把握しておきたいことを文書にして残す役割を担うのが、売買契約書だと言えます。

記載されている内容

買主と売主のどちらの立場にとっても重要な売買契約書。
ここでは、その記載内容について見ていきましょう。

当事者や物件について

売買契約書には、不動産の売主と買主の名前や住所といった売買に関わる人の情報と、登記情報に記載されている物件の内容が表示されます。
登記されている内容の中でも、物件の面積の数値はとても重要です。
物件の面積が登記されている数値と実際に計測した値では誤差が生じることも。
そのような場合、どちらの数値で取引をするのかを明記します。
また、戸建て住宅では、隣の家との敷地境界線をはっきりさせなくてはいけません。
売主は測量士などに依頼をして、境界を明確にしておきましょう。

代金について

売買契約を結んだ後に手付金を買主は売主に支払います。
手付金の取り扱いや何かしらの事情で引き渡しまでに契約を解除する際の手付解除についても明確にしておかなくては、トラブルの原因に。
買主が支払う代金の支払い方法や手付金を除いた残額をいつまでに支払うのかも売買契約書に記載します。

その他、トラブルを避けるために把握しておくべきことについて

売買契約を結んでも、引き渡しが完了するまでは売主の手元に物件があります。
引き渡しまでに自然災害や事故で修繕が必要となるような状況も想定しておかなくてはいけません。
万が一のときには、売主が費用を負担して修復し買主に引き渡す規定を設けます。
他にも、売主と買主のどちらかに契約違反があった場合に、相手の申し出で契約解除が可能であることも記載します。
契約解除の項目で、違約金の金額も定めるので確認しておきましょう。

まとめ

物件の売主にとっても買主にとっても、どのような契約なのか明確になっているととても安心できますね。
 売買契約書は売主と買主の間でトラブルを避けるためになくてはならないもの
 物件そのものの情報の他に金銭のやりとり、契約違反についても明記する
不明な点があればそのままにせずに、不動産会社の担当者に聞いてみましょう。
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop