【住宅ローンは商品である意識を持つ】|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム
gasou
【住宅ローンは商品である意識を持つ】

住宅ローンは「本人居住用の土地や住宅の購入、新築・増改築」に限られた目的限定のローンです。
そのぶん未回収の危険性が少ないことから、ほかのどんなローンより金利が低く借りられます。
申し込みの条件は、20才以上〜70才以下、完済時の年齢が80才までとなっています。

こうした住宅ローン選びに心得ておきたいのは住宅ローン銀行が提供する「商品」ということです。

当然商品ですから、お客をつける為に各銀行がし烈なサービス競争を行っています。

金利
保険
手数料
など買手(借りて)に選んでいただくため銀行によりサービスが違っています。

そのための心構えは

@「借りるより買う意識をもつ!」
キャッシュで家を買う人以外は、住宅ローンの総返済額(諸費用含む)が実質的な家の購入代金となります。つまり住宅ローン選びは、家の価値を決めているのと同じことなのです。

A「豊富な品揃えを無駄にしない!」
住宅ローンの基本的に各銀行のオリジナル商品です。しかもタイプの違う商品を複数用意している為、選択肢は数百にも及びます、その中にはベストもワーストもあることを忘れていけない。

B「わずかな違いが人生を変える!」
住宅ローンは借りる金額が大きいため、わずかな金利差で返済総額に大きな違いが出ます。
日常の買い物は慎重なのに、住宅ローンでは大胆になってしまうのは、金融機関の術中にはまっていることになります。

C「金利が低い=ベストではない!」
住宅ローンの仕組みは複雑で、金融機関が儲けるための罠が組み込まれています。
そのため、当初の金利につられて選ぶと後から痛い目に遭うことも。「金利」と「リスク」の両輪で考えることが大切。

知識があるひとほど、いい買い物ができるのは住宅ローンに限ったことではありません。
食材でも、車でも、家でも同じです。

大事なことは、知らず知らずのうちに買わされてしまうのではなく、商品の特徴をしっかり理解して納得したうえで、選択することです。
そのステップを踏んでいれば、金利が上昇したような場合でも、速やかに対処できるとおもます。
新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop