住宅ローンの借り方|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム
【住宅ローンを借りるにはどうすればいいの?】


住宅ローンは数千万円の借り入れです。手続きはどうすればいいの?
自分でもできるの?などわからない事だらけだと思います。

・銀行などでは土日でも住宅ローンの相談ができる、ローンセンターを増やしています。


住宅ローンは、銀行や信用金庫といった民間の銀行のほか、住宅金融支援機構など国が取り扱っています。

そもそも、銀行は通常「敷居が高い」と思いがちですが銀行からすれば住宅ローンほどリスクが少なく貸し出し金額が増やせる商品はありません。

だから一人でも多くの方に相談に来てもらおうと、土日でも相談会を設けています。

マイホームを購入するにあたり資金面での相談をしたいのであれば、まず銀行などで相談してみるのも一つの手段です。

ただ注意点は各銀行の住宅ローン担当者は自社住宅ローンの知識しかないので、当然得意不得意があります。個別のお客さんにとって最適な提案ができるかどうかはわかりません

・住宅販売の担当者が代行してくれる


住宅ローンの審査には、銀行への提出書類があります。しかも各銀行で提出書類も違うのでお客さんが用意するには面倒なものもあります。

住宅ローン審査にはそうした複雑な手続きがあるので、実際には住宅販売担当者に依頼をして書類など不備が無いように銀行へ持ち込んでくれることになります。

しかも、住宅販売担当者は色々な銀行を取り扱いしているので、お客さんに合った銀行を提案してもらえ、手続きも銀行との間に入ってもらえるので、安心して任せることができると思います。

例えば勤続年数1年の方が、勤続年数3年以上必要な銀行へ相談しても「あと2年経ったらお願いします」と言われるのが目に見えています。

自営業者の方、会社員しか申し込めない銀行へ相談しても受け付けてもらえません。

お客さん一人一人の状況は違います。その状況に応じて選ぶ銀行を考え良い条件で住宅ローンを借りる方法を考えないといけません。
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop