住宅ローンの契約に必要なお金│借入諸費用の目安|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

住宅ローンの契約に必要なお金│借入諸費用の目安

gasou

住宅ローンの契約に必要なお金│借入諸費用の目安

住宅ローンは金融機関によって金利が異なりますが、他にも差が出る箇所があります。
借入諸費用と言われる住宅ローン契約に必要なお金に違いが生まれやすいのです。
この記事では、住宅ローン契約での借入諸費用についてご紹介します。

借入諸費用には何がある?

借入諸費用にはどのようなものがあるのか確認してみましょう。
借入諸費用 概要
融資手数料 金融機関に支払うお金
取扱手数料と記載される場合も
保証料 保険会社に保証人となってもらうための費用
保証料不要の金融機関あり
団体信用生命保険料 契約者の万が一のときに、ローン返済が不要になる保険
保障内容に違いがある
健康面で不安がある人は加入が難しいことも
斡旋手数料 提携ローンで不動産会社に住宅ローン契約を代行してもらった場合の費用
不動産会社によっては不要の場合あり
火災保険料 住宅ローン契約には必要な保険
住宅の構造や材質で保険料が異なる
地震保険料 火災保険とセットで加入ができる
任意なので加入しなくてもOK
特に金融機関ごとに差が出やすいのが「融資手数料」、「保証料」、「団体信用生命保険料」です。
金利以外の項目もしっかり比較をして、金融機関選びを行ってくださいね。

借入諸費用の目安

ここでは、支払う金額が特に多い「融資手数料」、「保証料」、「団体信用生命保険料」の費用の目安についてご紹介します。

融資手数料

融資手数料は2つのタイプに分けられます。
<支払金額のシュミレーション>
借入金額:3000万円、金利:1%、返済期間:35年
手数料のタイプ 金額の目安 総支払額
定額型 5万円
※3〜10万円台が一般的 35,617,804円
定率型 30万円
※借入金額×1〜2% 34,405,447円
※金利:0.8%
契約時に支払うお金は定率型の方が数十万円と高額になりますが、金利を定額型より引き下げてもらえるため、長期的に見るとお得な支払い方法です。

保証料

保証料が不要の金融機関が中にはありますが、返済期間と金利が金額に影響するのが一般的です。
また、契約時に一括して支払うパターンと金利に保証料分を上乗せして支払うパターンがあります。
<支払金額のシュミレーション>
借入金額:3000万円、金利:1%、返済期間:35年、融資手数料:30万円
保証料のタイプ 金額の目安 総支払額
契約時に一括支払い 30万円
※借入金額×1〜2% 36,167,804円
金利上乗せ 金利+0.2%
※金利+0.2〜0.4%が一般的 37,054,301円
※金利:1.2%
金利上乗せタイプでは契約時に支払いはなくても、最終的な支払額を見ると100万円も多くなっています。

団体信用生命保険料

団体信用生命保険は契約者の万が一に備えるための保険で、民間の金融機関で住宅ローンを契約する場合には加入の必要があります。
フラット35では健康状態に不安がある場合は、団体信用生命保険に加入せずに金利を引き下げて契約が可能です。
三大疾病や八大疾病など保障の広い保険にすると、金利が0.2〜0.4%上乗せされます。
手厚い保障で万が一の時には住宅ローンの支払いの不安がなくなりますが、毎月の返済額とのバランスを考えて契約しましょう。

まとめ

住宅ローンの借入諸費用は金融機関ごとに差が出てしまうものです。
 住宅ローン契約には借入諸費用が必要
 融資手数料、保証料、団体信用生命保険料は特に金額の差が出やすい項目
 金利上乗せタイプで支払うと、総支払額が多くなってしまう
金利が低いことに目が行きがちですが、他の項目も比較して金融機関を選んでくださいね。
新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop