不動産売却で必要な仲介手数料に含まれている費用とは?|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

不動産売却で必要な仲介手数料に含まれている費用とは?

gasou

不動産売却で必要な仲介手数料に含まれている費用とは?

不動産会社に支払う仲介手数料は、売却価格と連動して金額が変わります。
その金額が100万円を超えることもあり、売主としては負担に思うもの。
この記事では、仲介手数料はどのような費用なのかをご紹介します。

不動産会社が売主から受け取れるお金

売主は不動産会社に支払うのは仲介手数料のみです。
そのため、売却のための広告費と人件費が含まれているようなものだと考えられます。
仲介手数料以外には別途請求されないので、売主の費用の負担はないので安心ですね。
ただし、特別な広告を売主の希望で行った場合は、実費が請求される可能性も。
遠方にいる購入希望者と交渉のための出張費などが特別が広告に当てはまりますが、あくまでも売主の要望に基づいて行います。
同意なしでは実費の請求はないので安心してくださいね。
また、仲介手数料は成功報酬。
買主が見つかり売買契約を結ばなければ、不動産会社はお金を受け取れません。

不動産会社が行う広告活動

不動産会社は、物件を売却するためにどのような広告活動を行っているのでしょうか。
一般的な広告方法を見てみましょう。

レインズに登録

専属専任媒介契約と専任媒介契約では登録が義務付けられているレインズへの登録。
ここに物件情報を登録するのも広告活動の一つです。
全国の不動産会社が情報をチェックできるので、多くの人の目に留まります。

折り込み広告・ポスティング

新聞の折り込みチラシや家のポストに直接投函する方法があります。
この方法なら、買主が居そうな地域を絞って物件情報の宣伝が可能です。

店頭で案内

物件を探している顧客に物件情報を紹介したり店頭に掲載したりして、販売に繋げます。
顧客が興味を示した物件を案内し見学に立ち会うのも、広告活動の一環です。

物件情報サイトに掲載

インターネット上には、物件情報をまとめたサイトがありますよね。
そこに売却不動産の情報を掲載します。
物件の購入希望者は不動産会社に行く前に、まずはどんな物件があるのか検索し情報を確認するものです。
その検索で売却不動産の情報に行きつく可能性が考えられます。

現地に看板を立てる

売却不動産の周辺に売却中であることがわかるように看板を立てます。
現地を通った人が売り出し中だと知れば、購入に興味を持つことも。
インターネットだけでなく現地での広告活動も売却に繋がることを知っておきましょう。

まとめ

売主が不動産会社に支払う仲介手数料は、安いものではありません。
しかし、不動産がスムーズに売却できるよう、不動産会社は様々な活動を行っています。
 仲介手数料以外に売主が支払うお金はない
 広告費や人件費は仲介手数料に含まれている
 不動産会社は、インターネットサイトや現地で広告して売却できるよう活動
売主の合意なしでお金が請求されることはないため、広告にかかるお金を心配しなくて済みますね。
新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop