住宅ローンはいくらまで借りられるの?返済比率って何?|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム
【住宅ローンはいくらまで借りられるの?返済比率って何?】



・返済比率がオーバーすると住宅ローンは借りられない?
住宅ローンの審査で「返済比率がオーバーなのでダメです」という話を聞いたことはありますか?返済比率とは何でしょう。



・年収に占める年間返済額の合計額
住宅ローンの審査で、返済比率という言葉が出てきます。これは住宅ローンの返済額に加え、マイカーローンやカードローン、携帯電話の分割払いなどの返済金額の合計が年収の何パーセントになるかというものです。

銀行により違いますが通常、年収400万円未満の場合、年間の返済額が年収の30%以下、年収400万円以上の場合、年間返済額が年収の35%以下となっています。

例えば年収350万円の場合、年間の返済額が30%未満なので(350万円×30%で年間の返済額の上限が105万円)となります。105万円を12か月にすると8万7500円です。月の支払いが8万7500円までの住宅なら購入できるということです。ただ住宅ローンの年間返済額は金利によって変わりますので金利1%で計算するのと、金利2%で計算するのでは年間返済額が変わり返済比率も変えわります。

・返済比率を計算する金利は銀行によって違う。


では返済比率を計算する場合、何パーセントの金利で年間返済額を計算するのでしょうか?
@フラット35の場合、毎月の借り入れ金利で計算します。
A地方銀行の場合、店頭基準金利2.475%で計算します。
B大手銀行の場合、3%後半の金利で計算します。

これはあくまでも一例ですが、これにマイカーローン・カードローンなどがあれば、その年間返済額もプラスして計算しますので、住宅ローンを借りられる金額も大きく変わってきます。


・返済比率がオーバーして欲しいマイホームが買えない場合どうするの?


夫婦共働きならお二人の年収を合算することが出来ます。
ご主人の年収が300万円・奥さんの年収が100万円あれば年収400万円で計算が出来ます。それにより返済比率も35%以上(年収が400万円を超えるため)となり借りられる住宅ローンも大きく上がります。

ただ年収を合算する場合、銀行により条件が色々ありますので注意が必要です。

・まとめ


現在は過去最低ともいえる低金利です。そのため低金利で計算した返済額では、将来金利が上昇したときに思わぬ痛手を負うことになりかねません。将来に備えた返済比率で住宅ローン借りることが大切だと思います。
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop