銀行で契約する住宅ローンと提携ローンの違いは?|特徴と注意点|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

銀行で契約する住宅ローンと提携ローンの違いは?|特徴と注意点

gasou

銀行で契約する住宅ローンと提携ローンの違いは?|特徴と注意点

住宅ローンの返済はそれぞれの家計状況やライフプランに応じて、無理のないように勧めたいですよね。
都市銀行や地方銀行、信用金庫などの民間の金融機関では金利タイプや住宅ローンのプランが豊富にあるため、契約前には比較することが大切。
また、不動産会社から住宅ローンを紹介してもらえることもあります。
この記事では、自分で金融機関を選び契約する住宅ローンと提携ローンの違いについてご紹介します。

民間金融機関の住宅ローン

民間の金融機関の住宅ローンは、自分でいくつかの住宅ローンを比較して納得できるものを選べます。
また、契約者を増やすためにキャンペーンを実施している場合もあり、金利引き下げやギフトカードのプレゼントなど金融機関によって様々です。
しかし、数多くある金融機関から自分に合う住宅ローンを探す手間や手続きの大変さが難点だと言えます。

提携ローンとは

不動産会社が民間の金融機関と提携して紹介するのが提携ローンです。
一般的に、民間の金融機関で住宅ローンを契約するには、物件そのものの審査を受けなくてはいけません。
提携ローンでは物件の審査はすでに終わっているため、審査対象は住宅ローン契約者だけです。
短期間で審査が終わり、手続きが楽である点が提携ローンの魅力。
しかし、紹介してもらえる住宅ローンの選択肢が、自分で探すよりも少ない点に注意しましょう。
また、住宅ローンと団体信用生命保険がすでにまとめられているため、三大疾病や八大疾病に備えた保障が手厚いタイプにしたいと思っても変更が難しい場合があります。

住宅ローン契約の注意点

団体信用生命保険の加入を条件としているため、持病などがある場合は住宅ローンの契約ができない可能性がある点に注意が必要です。
健康状態に不安がある方は、住宅ローンが契約できないのかとがっかりしないでくださいね。
フラット35では、団体信用生命保険の加入は任意です。
民間の金融機関の住宅ローンや提携ローン以外も検討してみてましょう。

まとめ

多くのお金を借りて長い期間返済する住宅ローンは、いくつかのプランを比較して検討することが大切です。
 民間の金融機関には金利タイプや住宅ローンのプランが豊富
 不動産会社と金融機関の提携ローンは、審査機関が短く手続きが楽
 団体信用生命保険の加入が必要なため、健康状態に不安があると契約ができないことも
無理のない返済ができるのかシュミレーションをして、プランを選んでくださいね。

新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop