フラット35より金利が安くなる?住宅ローンのフラット35Sの特徴|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

フラット35より金利が安くなる?住宅ローンのフラット35Sの特徴

gasou

フラット35より金利が安くなる?住宅ローンのフラット35Sの特徴

フラット35には、リノベーション向けのプランがあったり20年以下の借入の場合に適用されるフラット20があったり目的に合わせて色々選べます。
この記事では、フラット35より金利を抑えられるフラット35Sの特徴をご紹介します。

フラット35Sはどんな住宅ローン?

フラット35より一定期間金利が低くなる住宅ローンがフラット35Sです。
適用されるためには、「適合証明検査機関」と呼ばれる民間の検査機関が物件を審査を行い、基準をクリアしなくてはいけません。
フラット35Sは技術基準のレベルに応じて、2つの金利プランに分けられます。
基準が最も厳しい金利Aプランでは10年間は金利が年0.25%も引き下げに。
金利Bプランも年0.25%の引き下げですが、期間が5年間となります。

フラット35Sの契約条件

契約者の条件や借入可能な期間をフラット35と比べながら確認してみましょう。
フラット35 フラット35S
借入期間 15年〜35年 21年〜35年
契約者の年齢 70歳未満 70歳未満
年間の
返済負担率 年収400万円
未満 年収400万円
以上 年収400万円
未満 年収400万
以上
30%以下 35%以下 30%以下 35%以下
フラット35Sでは最短借入期間が21年以上である点以外は、フラット35と同じですね。
しかし、フラット35Sは物件に対する条件がフラット35よりも細かく決められています。
<チェックされる技術基準>
 省エネルギー性
 バリアフリー性
 耐震性
 耐久性・可変性
購入を希望している物件がフラット35Sの対象になるかは、担当者に聞いて確認してくださいね。
また、2021年1月以降から金利Bタイプの省エネルギー性の基準が変わり、現状より厳しくなるので、注意しましょう。

フラット35Sのメリット

フラット35Sの大きなメリットは一定期間金利の引き下げがあることです。
<返済額のシュミレーション>
借入金額:3000万円、借入期間:35年
フラット35 フラット35S
金利Aプラン 金利Bプラン
1年目〜
10年目 11年目〜 1年目〜
5年目 6年目〜
金利 年1.3% 年1.05% 年1.3% 年1.05% 年1.3%
毎月の返済額 89,000円 86,000円 88,000円 86,000円 89,000円
総返済額 3,736 万円 3,664 万円 3,697 万円
金利が低い期間があるため、総返済額もフラット35より抑えられますね。

まとめ

フラット35は、返済が終わるまで金利が変わらない安心感がありますよね。
しかし、金利を少しでも抑えて返済の負担を軽くしたいと考えてしまうものです。
 フラット35Sでは、フラット35より一定期間金利の引き下げがある
 物件の基準をクリアしなければフラット35Sの契約ができない
 金利が一定期間低いので、総返済額も抑えられる
全期間固定型金利の住宅ローンを希望しているなら、フラット35Sの対象物件かどうかをぜひ確認してみましょう。

新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop