不動産会社との契約|不動産売却で仲介手数料を払うタイミングはいつ?|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

不動産会社との契約|不動産売却で仲介手数料を払うタイミングはいつ?

gazou

不動産会社との契約|不動産売却で仲介手数料を払うタイミングはいつ?

不動産の査定を受けた後は、売却の依頼をする不動産会社と契約です。
不動産会社との契約にはいくつか種類があり、この記事ではその違いを解説します。
また、仲介手数料を支払うタイミングもご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

不動産会社と媒介契約

不動産会社との契約には、3種類の契約と2種類の取引形態があります。
まずは、契約の種類と取引の形態を知っておきましょう。

契約の種類

不動産会社との契約は専任媒介契約、専属専任媒介契約、一般契約の3つに分けられます。
それぞれの特徴をチェックしてみましょう。
契約の種類 複数の不動産会社との契約 売主が買主を自力で見つけて契約 業務報告頻度
専任媒介契約 × 〇 2週間に1回以上
専属専任媒介契約 × × 1週間に1回以上
一般契約 〇 〇 定めなし
専任媒介契約と専属専任媒介契約は不動産会社1社のみしか契約ができません。
そのかわり、こまめな業務報告が売主に対して行われるメリットがあります。

取引の形態

取引形態は片手取引と両手取引があります。
取引形態 売主が契約した不動産会社 買主が契約した不動産会社
片手取引 A社 B社
両手取引 A社 A社
売主と買主が同じ不動産会社の仲介によって売買契約を結んだ場合は、両手取引となるのです。
しかし、売主と買主の不動産会社が異なることは、珍しい出来事ではありません。
売主の不動段会社の担当者が、買主の不動産会社と売却価格について交渉する場合も考えられます。
そのため、不動産会社の担当者の交渉スキルが、売却価格に影響することも知っておきましょう。

仲介手数料は売買契約後に発生

不動産会社への仲介手数料は、買主が見つかり売買契約を結ぶ時に支払います。
売却を依頼するために契約した時点では、仲介手数料は発生しません。
一般的に、売買契約を結んだときに半額、物件の引き渡し時に残額を支払います。
仲介手数料は、「(売却価格×3%+6万円)×消費税」と法律で定められた上限で設定している不動産会社がほとんど。
しかし、中には仲介手数料が一般的な金額より少なく定めている不動産会社があるので、契約前に仲介手数料についてよく確認してくださいね。

まとめ

不動産売却のための契約には3種類あります。
 一般契約は複数の不動産会社と契約可能
 専任媒介契約と専属専任媒介契約は1社のみの契約
 仲介手数料は売買契約を結んだ後に支払う
取引形態が買主と売主の契約している不動産会社が異なる片手取引の場合、売却価格に大きな影響を与えるのは、担当者の交渉力です。
担当者の対応や仲介手数料など、色々な面から不動産会社を選んで契約してくださいね。

新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop