売却不動産の相場を知りたい|物件情報サイトを参考にしよう|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

売却不動産の相場を知りたい|物件情報サイトを参考にしよう

gasou

売却不動産の相場を知りたい|物件情報サイトを参考にしよう

不動産を売却をするには様々な理由があります。
売却して受け取ったお金は、次の生活には必要です。
しかし、どれくらいの価格で売却可能なのかはとても気がかりなもの。
この記事では、物件情報サイトから不動産相場を知るときのポイントをご紹介します。

相場を知るためのコツ

不動産の相場はただ闇雲に情報サイトを見ていても知ることはできません。
物件情報サイトを有効活用して売却する不動産の相場を知りましょう。

売却する不動産と似たような条件で検索

売却する不動産と似たような物件を探して比較します。
例えば、下記の要件を揃えて検索してみましょう。
 広さ
 築年数
 駅からの距離 など
条件が近い不動産があると、どれくらいの値段で売れそうなのかという目安に。
また、物件情報サイトは1つだけでなく、いくつか閲覧するのがおすすめです。
幅広く情報収集をすると相場が把握しやすくなります。

広さが異なる場合は坪単価や平米単価で比較

大きすぎたり小さすぎたりする物件しか見つからない場合、相場はわからないままになるのかと不安に思っていませんか?
家の大きさが異なる場合は、坪単価や平米単価で比べてみましょう。
坪単価は一坪あたり、平米単価は1平米あたりのそれぞれの単価です。
単価がわかれば、売却したい不動産の価格が計算できますね。

物件情報サイトを使うときの注意点

時間や場所を選ばず気軽に検索ができる物件情報サイト。
しかし、不動産の相場を調べる際には注意点があります。
どのようなことに意識すれば良いのかご紹介します。

掲載どおりの価格で売れるとは限らない

物件情報サイトに掲載されている情報は、あくまでもそのサイトでの取り扱いです。
今売ろうとしている不動産が全く同じ価格で売れるとは限りません。
正確な値段は不動産会社の査定を受けなければ、判断できないことを知っておきましょう。
しかし、相場を把握していれば、査定額が相場より高いのか低いのかといった判断ができますよね。

リノベーション物件と比較しない

物件情報サイトに掲載されている中古物件が「中古物件」なのか「リノベーション物件」なのかによって価格が大きく変わるため注意が必要です。
内装や間取りを作り替えたリノベーション物件は、中古物件より割高の価格で売りに出されています。
相場を知りたいときは、リノベーション物件以外の中古物件と比較しましょう。

まとめ

不動産の売却で得られるお金ががどれくらいになるのか、明確になると家を手放した後のステップがイメージしやすいものです。
査定を受けた結果、相場と比べたときに値段の高低を判断するためにも相場を知っておくのは大切です。
 売却したい不動産と似たような条件の物件と比較する
 広さが異なる場合は坪単価や平米単価で比較
 物件情報サイトと同じ値段で売れるとは限らない
多くの不動産が掲載された物件情報サイトを上手く使って情報収集をしましょう。
新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop