不動産売却するベストなタイミング|人の移動が多いシーズンは要チェック|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

不動産売却するベストなタイミング|人の移動が多いシーズンは要チェック

gasou

不動産売却するベストなタイミング|人の移動が多いシーズンは要チェック

不動産売却後すぐに買い手が付くと、今後の予定が立てやすいため住み替えなどの次のプランの支えになります。
購入希望者が多いタイミングで売りに出すと、比較的短期間で売却が完了することも。
この記事では、人の移動が多いシーズンが不動産売却におすすめできる理由についてご紹介します。

人の移動が多い時期

4月は新年度の始まりということもあり、就職や転勤など人の移動が増える時期です。
そのため、新年度が始まる前の2月〜3月が引っ越しする人が増えます。
ここでは、年度末が不動産売却の狙い目である理由や他にもチェックしたい時期があるのかについてご紹介します。

年度末が狙い目になる理由

人の移動が多いシーズンは、不動産売却におすすめなのか気になりますよね。
公益財団法人不動産流通推進センターのデータを見てみましょう。
参考:2019不動産業統計集 3不動産流通
成約件数も平均売買価格も2月〜3月は他のシーズンに比べ高い数値に。
このことから、年度末は不動産売却をするには売主にとっては嬉しい時期ですね。
不動産を買いたい人が多い2月と3月は、売却価格が少し高めでも売れるため平均価格も
他の時期に比べ高い傾向があります。

秋も不動産売買が多いシーズン

2月〜3月に比べて成約件数は少なくなりますが、秋も人の移動が増える時期。
転勤に伴う引っ越しが9月〜11月に多く生じるためです。
他にも、新年度が始まって数カ月経つ頃であることも理由になります。
新しい環境での生活が一段落した秋だからこそ、落ち着いて物件を探そうと考える人が増えるからです。

1月と8月は売却しにくい

2月〜3月や秋の売れやすい時期に比べると、1月と8月は売却がしにくいタイミングです。
8月の気温が高い中、買主が気になる物件の内覧をするために出歩くのは億劫になりがち。
そのため、なかなか不動産が売却できなくなるのです。
1月が売却に向いていないのには、寒いからという理由だけではありません。
新しい年になり物件をこれから探そうとしている人がいるためです。
不動産の購入は金額が高いため、すぐに物件を決断できないもの。
1月中はじっくり気になる不動産を探しているパターンが多いことを知っておきましょう。

売りたいシーズンに売却するためのポイント

不動産売却の狙い目である2月〜3月や秋に買い手が見つかるように段取りをすると、短期間で引き渡しまで完了する可能性があります。
売りたいシーズンの1カ月前までには売却活動を始めるようにしましょう。
少し早めにスタートすることで、買い手が物件探しをしているときに気になる物件として目に留まりやすくなるのが期待できますね。

まとめ

売りに出した不動産はなるべく短期間で引き渡しまで終えたいですよね。
そのためには、買い手が比較的見つかりやすい時期に照準を合わせて計画を立ててみましょう。
 2月〜3月は不動産売却におすすめの時期
 9月〜11月も不動産売買が多い
 不動産売却したい時期の1カ月前までには売却活動を始める
1年のうちに何度か不動産売買が多いタイミングがあります。
そのシーズンに合わせて売買活動をしてみてくださいね。
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop