【頭金0円で家を購入!】メリットや注意点を知った上で利用しよう|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム
gasou

【頭金0円で家を購入!】メリットや注意点を知った上で利用しよう


マンションや一軒家といったマイホームの購入は、誰しもが一度は憧れる、人生最大の買い物といっても過言ではないでしょう。しかし、人生最大の買い物というからには、かかる費用も多くなるので、そう簡単に決められるものではありません。

その中でも特に頭を悩ませるのが、頭金の存在です。欲しい物件があったとしても、「頭金を用意できないから」という理由で諦めた人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、頭金0円で夢のマイホームを購入できる隠れた仕組みをご紹介します。


頭金0円でも手付金は必要


頭金0円とは言いましたが、実はそれ以外にも住宅購入時に必要となる費用があります。それは「手付金」と呼ばれるお金です。これは、不動産のような大きな額を取引する際に、その安全性をより高めるために用いられるもので、契約を滞りなく進めるための「保険」のようなものです。

例えば、買う側でも売る側でも、契約を進めていき、いざ購入というタイミングになってから「やっぱり買わない」「やっぱり売らない」なんてことを気軽に言われてしまっては困ります。そういった事態を防ぐために、「契約を最後まで責任を持って進めます。」「もし途中で辞めたくなった場合は、それ相応のお金を払います」という約束のために使われるのが手付金なのです。

一般的には、購入代金の10%程度と言われる手付金ですが、現実的には100万円ぐらいに設定されるケースが多いようです。手付金は契約が無事締結すれば、そのまま物件代金に充てられるようになっていますので、損をすることはありません。

しかし、不動産契約を進めていくためには必須のお金とも言えますので、頭金は0円でも、最低100万円程度の現金は持った状態で物件を探すようにすると良いでしょう。


フルローンを組めば手付金の分は返ってくる


まずは頭金と手付金という、不動産購入時に必要なお金に関する意味の違いを解説しました。それでは、ここからは実際に頭金0円で住宅を購入する方法を解説していきます。

頭金0円で家を買うには、「フルローン」を利用します。フルローンとは、物件購入に必要な金額を「自己資金なし」で、すべて金融機関からの融資で調達できるローンのことです。要は、物件価格のすべてを銀行に借りて支払っていく手法のことですね。このローンを利用できれば、頭金として元手を用意していなくても、すぐに物件を購入することができます。

フルローンで物件を購入する場合、先ほど解説した手付金は借入金から差し引かれることになりますので、単純に少しだけ先払いをした、という認識で問題ありません。

ただ、気を付けなければならない点もあります。それは、家を購入する際に、「登記費用」「銀行手数料」「火災保険料」「仲介手数料」「固定資産税清算金」「不動産取得税」といった購入時にかかる諸経費とが存在し、それらは物件価格には含まれていないという点です。つまり、フルローンを組んでも、諸経費に関しては自己資金で払っていく必要があるのです。

ただ、フルローンの種類によっては、それらの諸経費も含めたローンを組める場合もありますので、そこは利用予定の金融機関などをしっかり調べ、事前に対策を練っておくと良いでしょう。


頭金0円で家を購入するメリットとリスク


フルローンを利用するメリットは、先ほども紹介したように、頭金0円で家が買えるという点です。つまり、貯金が無くても夢のマイホームを実現することができるのです。また、もしも「頭金分ぐらいの貯金はある」という人であれば、その頭金を別の投資に回して資産を増やすこともできるかもしれません。
自分が今持っている資金を減らすことなく、自由に不動産購入をできるのが、フルローン最大のメリットと言えるでしょう。

一方、デメリットとしては、借入金額が多くなる分、金利も高くなり、月々の返済額が大きくなるという点が挙げられます。また同時に、借入金額が多いため、ローン審査が通りにくくなることも考えられます。
35年でローンを組む場合など、途中でその物件を売却しても、借入金を返済しきれないということもあるでしょう。その土地に永住するぐらいの長いスパンで考えることができているか、そもそも月々の返済計画に余裕を持たせることができているか、その辺りをしっかりと見定めてからフルローンを利用しなければなりません。

メリットとデメリットはまさに表裏一体とも言えます。自分の経済状況や支払いに対する考え方など、色々な側面から利用を検討するようにしましょう。


まとめ


先ほどもお伝えした通り、例え頭金が0円であっても、それとは別の手付金が必要であるということを忘れてはいけません。相場は100万円程度となっていますので、まずは最低限この金額を貯金してから物件購入を検討すると良いでしょう。

そして、いざ購入となった場合には、頭金を払う場合でも、0円であったとしても、その借入金額が適切か、自分自身の首を絞めるようなことにならないか、じっくり時間をかけて計算するようにしてください。事前にしっかりと計画を立てておけば、不動産購入で痛い思いをせずに済むでしょう。

不動産購入は、今や高所得者だけが叶えられる夢ではなくなりました。計画的に考え、動くことができれば、若いうちからマイホームを持つことも難しくありません。いざという時に困らないよう、まずは今のうちに幅広い知識を身につけておきましょう。

新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop