売却が進まない│内覧希望者の増加や購入意欲を高めるコツ|新築一戸建・住宅の仲介手数料無料!仲介手数料が必要と言われたらご相談下さい!物件探しは愛知県・名古屋市の三つ葉ホームにお任せ下さい。

三つ葉ホーム

売却が進まない│内覧希望者の増加や購入意欲を高めるコツ

gasou

売却が進まない│内覧希望者の増加や購入意欲を高めるコツ

不動産売却では、買主が見つかるまでに悩むことが出できます。
例えば、最初のうちは内覧希望者がいたのに、時間が経つうちに希望者が出なくなったとか、内覧希望者はそれなりにいるのになぜか購入にまで至らないなど。
この記事では、内覧希望者を増やしたり購入意欲を高めたりするコツをご紹介します。

価格を見直す

売却活動開始から1カ月経っても内覧希望者がいないときは、売り出し価格が高いことが原因と考えられます。
売り出し価格が一般的な相場と比較してかなり高めの設定だと、購入しようと検討する人が出てきません。
内覧希望者が出やすい価格にまで値下げをしてみましょう。
ただ闇雲に値下げをするのではなく、不動産会社の担当者と相談しながら決めてくださいね。
<値下げ方法の例>
 査定額に近い売り出し価格にする
 周辺の売却不動産との価格を比較して決める
周辺の不動産より大幅に高い価格の物件は、購入をためらってしまうものです。
査定額や他の不動産の価格を見ながら売り出し価格を変更します。
100万円刻みで値下げする方法や査定額まで一気に値下げする方法があり、どちらがよいのかも担当者に相談して決めましょう。

内覧時の対応を見直す

内覧希望者はいるのに購入にまで至らないのは、内覧時の対応が要因の可能性があります。
<内覧希望者の購入意欲を下げてしまう原因>
 早く売却したい一心で売主自ら積極的に話す
 内覧希望者が売主に質問しても、あいまいな返答しかしない
掃除をして部屋を綺麗にしたりカーテンを開けて明るい部屋にしたりといった、内覧希望者を迎える環境を整えることはとても大切です。
しかし、内覧時の対応も内覧希望者の購入意欲を左右します。
自ら率先して物件や周辺環境のいいところだけをアピールをせずに、基本的には担当者に案内を任せましょう。
内覧中に聞かれたことに対して、丁寧に答えれば問題ありません。
あたふたしないために前もって質問されそうな内容を想定して、返答を準備しておくのがおすすめです。

まとめ

なるべく早く不動産を売却できるといいですが、なかなか思うように進まないことがあります。
 内覧希望者が現れないのは、売り出し価格が高い可能性あり
 内覧から購入に結びつかない場合は、内覧時の対応を見直す
見直せる点は見直して、売却に繋げましょう。

新築住宅を安く買う方法
メールでのお問い合わせはこちら

PageTop